萩往還140km完踏してきました!


あれほど沢山いた選手が、前後には殆どいない。

50m程先に二人組が歩いているだけだ。

みんな、どうしちゃったんだろう?

ここはCP3(96km地点:虎ヶ先)を出た国道沿いのルート。

20130506004.jpg




CP3は萩往還140kmのコース内で最も北側に位置する虎ヶ先。

その先は、美しい日本海である。

20130506006.jpg


20130506007.jpg




昨日(5/3)の夕方(18:00)にスタートした萩往還140km。

山口市の瑠璃光寺を出発して、一路南下。

CP1である防府を目指す。(30km地点)



途中、峠越えもあるあが、基本は下り基調。

CP1を折り返し、再度スタート地点近くの福祉センターまで戻ってくる。

50km地点。

最初のドロップポイントでもある。



時計は日付をまたいだ深夜00:30。

50kmのロードを6時間半か...。

先を考えれば、まずまずのペースかな(笑)



先週のUTMF(160km)の疲れも多少は残っているし、

やっぱり足は痛い(笑)

テーピングで固定した左足首をかばいながらの走りだから、右足に変な負担が掛かる。

UTMFで痛めた右足親指爪が痛む(泣)



まぁどちらにして痛いだけ。

死ぬことはない(笑)

この先から「往還道」に入る。

20130506008.jpg




萩往還の140kmのコースは、

最初に50kmのロードを走らせて体力を削った後に、

30km程の山道を歩かせる。

その後ロードを30km走らせた後に、

再度30kmの山道を歩かせる。

とてもえげつないコースである(笑)

20130506005.jpg



しかも、その山道は石畳でできており、下りでのダメージは深刻なのです(汗)

特に足に怪我を負っている僕の場合は...(汗)



総距離で140km。

累積標高差で+2,250m。

先週のUTMFに比べると、距離も標高も小さい。

けれど、制限時間はUTMFの半分しかない!

24時間しかないので、マジメに走らないと間に合わない!

って、走れるのか?オレ?

ある意味、とっても厳しいレースです(汗)




「往還道」の往路を超えて、日本海を左手にCP2(浜崎緑地公園:87km地点)にてチェックライターにてタイプする。

受付時に渡された、このチェックシートにタイプしていきます。

20130506061.jpg



次のCP3に向かうルートは、CP3から折り返してくる選手とすれ違うルート。

20130506004.jpg



沢山の選手が折り返してきます。

Aの選手もいます。

白ゼッケンの250kmの選手です。



250kmですよ?

ちょっと考えられませんね?

48時間で?


元気そうな選手もいれば、満身創痍でフラフラの選手もいます(汗)

大丈夫でしょうか?

頑張って欲しいものです。




この先のCP3は食事ポイントでもあります。

虎ヶ先のつばきの館。

カレーが戴けます(笑)


ここで思わぬ人と遭遇!

走友会のKurimotoさん!

A250kmにエントリーするも出走できずにゼッケンチェックのボラをしていました。

「必ず完走してよ!」

熱いエールを頂きました!



そのエールには、意味がありました。

僕のCP3への到着時刻が遅すぎたのです。

96km地点で、11:30。

ギリギリ完走の目安とされる、09:36から2時間も遅れての到着だったのです(汗)



食堂内にまだ選手はいます。

ただ、ここから先に進む選手はほとんどいません。

そんな時間になっていたのです。



配布されたコースマップには、完走時間別のペース表も記載されています。

18時間で完走する選手のペース、

21時間のペース、

ギリギリの24時間のペースと。



僕は96km地点でそのギリギリ24時間ペースから、既に2時間も遅れていました(汗)



あちゃー、やっぱミスコースしたのが効いたなぁ(汗)

夕べ、意識ももうろうとしていた佐々並からの先で、うっかりミスコースをしてしまったのです。

佐々並を出て、すぐに旧登山口に入るところを見過ごして、真っ直ぐ進んでしまったのです(汗)



先に選手が見えないなぁ...。

と思いながらも、振り返るとヘッデンが見える。

うん。大丈夫。



更に進んで、

なんかおかしいなぁ。

振り返る。

ヘッデンあるよなぁ...。



うん?

ホントにヘッデンか?

動いていないぞ?



ガードレールの反射鏡でした(笑)

やっちまいました(笑)



でも、大丈夫。

一昨日、受付会場に向かう乗り合いタクシーの中で、一緒に乗ったベテランA選手が言っていました。

「ミスコースしったって、地図を広げる必要はないぞ」

「5分待って、誰も来なかったら迷わず引き返せ」

「オレは人より多く走ったって自慢できるぞ」

「ただ、絶対に完走しなきゃダメだ」

「完走しなけりゃ、全てが言い訳になっちまう」




そうさ、まだ終わりじゃない。

残り44km。

時間は6時間半。

そうさ、ムリじゃない。

走れば間に合うさ!

往還道がなんぼのもんじゃい!




走れ!走れ!

爪のひとつやふたつ、いくらでもくれている!




23時間25分30秒。

萩往還140km完踏しました。

20130506001.jpg



やったぜ!負けなかったぜ!

20130506010.jpg



ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


スポンサーサイト

コメント

ガネ #-

いや~もう超人の域に達しましたな~

で、来年は250ですね(^^)

お疲れ様でした!

少しは身体を休めてくださいませ。。

完踏、おめでとう!!

2013年05月06日(月) 09時53分 | URL | 編集

taru #-

2時間遅れを挽回とは・・・
身体も心も超人ですね。

来年の250kmが楽しみです。(笑)

2013年05月06日(月) 10時01分 | URL | 編集

ドタバタ #-

ガネさん
ありがとうございます。
でも250kmは全くイメージできません(笑)
それこそ、鉄人ですよね。
当面は治療に専念します~。

2013年05月09日(木) 09時35分 | URL | 編集

ドタバタ #-

taruさん
ありがとうございました。
虎ヶ先(CP3)を出てら、誰も走っていなくて、ホントに焦りました~(汗)
でも、進むにつれて徐々に選手が見えてきたので安心しました(笑)

でから、250kmはホントに別格です!

2013年05月09日(木) 09時38分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。