自分に負けるのは絶対にイヤだ。


箱根駅伝の往路は、東洋大学の4連覇となった。

4年生となった5区、柏原は自己の区間記録を更新する走りで、他大学を圧倒した。

凄い走りだった。

20120102001.jpg




そして、

これまでと、大きく異なるのがレース展開。

5区での逆転劇ではなく、

トップで5区につなぎ、

更に引き離しての往路優勝。



1区から5区の全てのメンバーが素晴らしい走りを魅せた。

素晴らしいレースだった。



柏原のファンは多いと思う。

僕も大ファン。



多くの人が惹きつけられる理由は、

彼の必死に走るその姿にだと思う。



自分のため、

チームのため、

応援してくれる人のため、

彼は一生懸命に走る。

がむしゃらに走る。



彼は言う。

「自分に負けるのは絶対にイヤだ。」と。



そんな彼の姿に多くの人は惹きつけられるのだと思う。



マラソンの川内優輝選手も同じだ。

ぶっ倒れるまでに追い込む。



人は、人の頑張る姿に感動する。




正月の2日は毎年、横浜の実家に兄弟で集まる。

父が亡くなったので新年会ではないけれど、

みんなで集まって、箱根駅伝を観戦する。

熱い想いに駆られる。



僕も頑張って走ろう!



もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。