剱岳の日(H29/9/9)に長次郎谷から登ってきました


剱岳の日(平成29年9月9日)に長次郎谷から登ってきました。

一般ルート(別山尾根)は何度か歩きましたが、長次郎谷は今回が初めて。

なかなかシビレました(笑)

20170913021.jpg


20170913022.jpg






初日は室堂から剱沢キャンプ場へ。

20170913003.jpg

どんよりと曇っていますが、明日からは晴れる予報。

期待しています。




翌日は朝5時から歩き出して剱沢へ。

前日までの雨と今朝方の冷え込みで剱沢の雪渓はカチコチに氷結していました。

一旦雪渓に出たものの、慌てて引き返してアイゼンを付けました。

4ヶ月ぶりのアイゼン歩行です。

ぐんぐん降りて、平蔵谷出合を過ぎて、長次郎谷出合です。

20170913004.jpg




ぐんぐん降りてきたので、ここからガシガシ登らないといけません。

20170913005.jpg





剱沢キャンプ場に常駐している山岳警備隊さんから仕入れた情報によると八ツ峰1-2峰間ルンゼ出合付近の雪渓が細くなり、右岸側の岩上を巻くように言われていましたが、クレパス・シュルンドがかなり大きくなっていて、右岸に渡るのが躊躇されます(汗)

20170913006.jpg



恐る恐るスノーブリッジを渡り、冷や冷やもので越えていきました(滝汗)

20170913007.jpg




振り返るとこんな感じ

20170913009.jpg


あまり怖そうに見えないのがクヤシイ(笑)

でも、シュルンドに落ちたら雪渓の下に流されて、永遠に見つかりそうにない...(汗)

20170913008.jpg





近くに見えて遠い熊の岩。

20170913010.jpg




熊の岩にはテントが2張。人の気配はありません。

20170913011.jpg

奥には源次郎尾根の2峰




ここで大休憩。

20170913012.jpg




この先は左俣から進みます。

20170913013.jpg




クレパスが幾つも続いています。

20170913014.jpg




源次郎尾根

20170913015.jpg




八ツ峰側

20170913016.jpg





この先からは長次郎ノ頭側のシュルンドに降りてガシガシ登ります。

クレパスは幾つもありますが深くはなく、シュルンドも開けていますので、そのまま長次郎のコルまで危険はありません。

ここまで誰とも会うことはありませんした。

これより北方稜線です。

20170913017.jpg




踏み跡もあり慎重に進めばさほど危険はありません。

剱岳山頂が見えました。

20170913018.jpg




沢山の登山者で賑わっています。

20170913019.jpg





少しだけ優越感に浸りながら、山頂に迎えてもらいました。

20170913020.jpg




今日はとてもいい天気に恵まれました。

20170913023.jpg




スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。