第12回日本横断「川の道」フットレース520km完走しました。


今年も川の道を旅することができました。

第12回日本横断「川の道」フットレース520kmです。


20160508001.jpg




最終チェックポイントである日本海の「川の道岬」

今年もここでイケノスケさんがみんなの写真を撮ってくれていました。

20160508002.jpg

ありがとうございます。




「川の道」とは

東京 荒川の河口(太平洋)から

新潟 信濃川の河口(日本海)まで

それぞれの分水嶺を辿って520kmにも及ぶ距離を走るレースです。



ただ、僕の場合はレースではなく「旅」です。

他人と順位を競う訳でもなく、

タイムを追いかける訳でもなく、


只々、川に沿って走り、歩き、景色を眺め、

美味しいものを食べて、温泉に入り、

新緑の山々とふれあう。

そんな贅沢な時間を楽しむ「旅」なのです。



もちろん競技として参加している訳ですから、

自分に対する課題はあります。


今年の課題はこのふたつ。

「自分に負けないこと」

「明るいうちに日本海にたどり着くこと」





流石に520kmもの距離を走り・歩いていれば何処かしらは痛くなります。

程度の差はあれ、誰しもが痛みや不調を訴えるでしょう。


そんな時でも歩みを止めないでいよう。

進み続けようと思っていました。

歩みを止めたいと思う自分に負けないようにしようと思っていました。



そして、明るいうちに日本海にたどり着く必要があったのは、

川の道岬にてイケノスケさんに写真を撮ってもらうためです(笑)






スタートは葛西臨海公園。

20160508004.jpg


荒川の河口になります。

ここをスタートして荒川を遡っていきます。

20160508005.jpg





最初のチェックポイントは埼玉県の彩湖。

20160508006.jpg



20160508007.jpg

39km地点です。

序盤はゆっくり入ります。




次のチェックポイントは桜堤公園。

67.3km地点です。

20160508008.jpg



20160508009.jpg



20160508010.jpg



20160508011.jpg

このあたりから日が傾きはじめ、初日の夜間走に入ります。




CP6:波久礼駅前(110.6km地点)

20160508012.jpg





夜が明けて、滝沢湖のループ橋。

20160508013.jpg





最初のレストポイントこまどり荘(170km地点)

20160508014.jpg



20160508015.jpg



20160508016.jpg



20160508017.jpg





ここで仮眠などの休憩を取った後、十石峠を目指します。

今年からの新コースです。

これまでの三国峠に向かう林道は崩落が激しく危険なため、

新たなコースが設定されました。

八丁峠と十石峠のふたつの峠越えとなり、厳しさは明らかに増しました(汗)

また、夜間から早朝にかけての峠越えとなるため、

コンビニなどの補給できるポイントはこまどり荘から70km以上無いことになります(汗)

20160508019.jpg





で、何とか到着しました。

十石峠(225.3km地点)です。

20160508018.jpg





この先のCP11:千曲病院入口(243.5km地点)までコンビニなどはありませんので、

こまどり荘を出るときには充分な補給食を用意しておく必要がありました。




ふたつめのレストポイントは小諸キャッスルホテル(265.8km地点)です。

20160508020.jpg



20160508021.jpg


ここでちょうど中間点。

ふたつの峠越えは厳しかったですが、特段の不調もなく半分まで来れました。

ここで温泉に入って、少し仮眠をして、

深夜に上田・長野に向けて出発します。




昨年もそうでしたが、今年の長野も暑かったです(汗)

CP16:長野 善光寺(321.5km地点)

20160508022.jpg





天気予報によると、昼間は酷暑ですが、

深夜から明け方にかけて風雨が強まるとのこと(汗)

夜になる前に飯山で傘とカッパを追加購入しました。

飯山から次ぎのレストポイント(鹿渡館)までの45kmの深夜区間は同じく補給できる場所がないのです(汗)



この辺りから後半ハーフの選手が追いついてきます。

前日の11時に小諸をスタートした青ゼッケンの選手たちです。

彼らはまだ100km程度の距離ですから元気ですね。

いい感じに走り去っていきます。

こちらもまだ走れてはいますが、ストライドは明らかに小さくなってきています。




3時頃から雨が落ちてきて選手たちを濡らし始めます。

動けるうちであれば、多少の雨は恵みの雨となりますが、

動けなくなると発熱よりも冷却が上回り、選手の体力と気力を奪い始めます。

今回用意した傘が効果的に体温の低下を防いでくれました。





そして、最後のレストポイント鹿渡館(398.8km地点)に着く頃に雨があがりました。

温泉で冷えた身体を暖めて、少し仮眠します。

ここまでは昨年のタイムと殆ど同じでした。

コース変更によって難易度があがったこともありましたが、

昨年の7分遅れで進めたことは想定外の結果でもありました。

その後のCP23:三条大橋(480km地点)では昨年より26分先行できていました。



しかし、残り40kmを残して強風に前進を阻まれます(汗)

ペースは大きく落ちますが、一歩一歩進むしかありません。

真っ直ぐに日本海に続く国道8号線。

この道の先に「川の道岬」があります。






見えました!

日本海です!

20160508023.jpg




川の道岬です!

20160508024.jpg



日本海までやってきました!

20160508001.jpg



20160508025.jpg



20160508026.jpg






気持ち的にはこの「川の道岬」がゴールなのですが、

本当のゴールはこの先のホンマ健康ランドです。

さて、もうひと頑張り(笑)

20160508027.jpg



20160508028.jpg



20160508029.jpg




ゴールしました!

20160508030.jpg



20160508031.jpg




お世話になりました!

20160508032.jpg

ありがとうございます!




今年も無事に完走できてよかったです!

20160508033.jpg

関係するみなさんに感謝します!

機会があればまた来年も「川の道」を旅したいと思います。





ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。