弱い自分に会ってきました。~神宮外苑24時間チャレンジ~




スタートから1時間で左膝が痛み出し、

3時間で走ることができなくなりました。



アンバランスなフォームに気づいた友人からは、

「どこか痛めた?ムリしない方がいいよ」



ふらついているように見えた友人からは、

「ハンガーノックか?何か食べた方がいいぞ」



そして多くの選手から

「ファイト!」

「ガンバ!」


声援を頂きました。

ありがとうございます。




24時間走は今回の神宮外苑が初めてです。

短い周回のグルグル走も初めてです。



ゴール地点は無く、

自分の定めた目標(距離)に向かって走るだけ。

24時間のうちにどれだけ走れるのか?

とても単純な競技です。



それは時間が経てば終わってしまう競技でもあります。

走っていても、

歩いていても、

休んでいても、

寝ていても、


24時間が経過すれば終わってしまう。

全て自分次第のレースです。




9月の北アルプス縦走で左膝を怪我して7針縫いました。

その後は走っては痛めての繰り返し。

走っては痛めて、

また走っては痛めるという悪循環に陥っていました。




そして迎えた神宮外苑。

スタートするべきか悩みました。


そんなとき目にした友人の言葉。

「弱い自分に会ってくる」



彼のこの言葉で走ることを決めました。

走れなくなることはわかっていましたが、

少しでも長く走り続けよう。



星の数ほどある「止める理由」と対峙しよう。

何度無く訪れる「弱い自分」と対峙しよう。

そう決めました。



ただ、そこには自分を応援してくれる沢山の人々が居てくれました。

周回毎に僕を越す度に「ガンバ!」と声を掛けてくれる選手たち。

沿道で名前を呼んで応援してくれる友人たち。

寒空の中、24時間ずっと声援を送り続けてくれた方々。

そしてエイドで手厚くもてなしてくれたスタッフのみなさん。




僕はやっぱり「弱い」ままでしたが、

共に走る仲間たちや応援してくれるみんなのお陰で

「今できることの全て」を遂げることができました。

本当にありがとうございます。



何度も何度も「弱い自分」は訪れましたが、

それ以上に「本当に強いウルトラランナー」たちを目の当たりにすることができました。

とても素晴らしい経験をさせて頂きました。


今は膝を含めて身体中が猛烈に痛いですが、

できることなら来年も「弱い自分」に会いに

この場所も戻ってきたいと思っています。

20151221001.jpg





ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。