来年の「川の道フットレース」の募集要項が発表されました。



来年の「川の道フットレース」の募集要項が発表されました。

20151201001.jpg
http://sportsaid-japan.org/NEW/guide/16kawa-site.pdf




東京から新潟まで。

太平洋にそそぐ荒川を遡り、

源流の三国峠を越え千曲川を辿り、

信濃川が流れ着く日本海へと「川の道」を辿るフットレースです。



葛西臨海公園から秩父のこまどり荘まで(170km)

20151201006.jpg



こまどり荘から三国峠を越え、小諸グランドキャッスルまで(265km)

20151201005.jpg



小諸グランドキャッスルから長野を経由して新潟津南の鹿渡館まで(399km)

20151201003.jpg



鹿渡館からゴールの日本海(ホンマ健康ランド)まで(520km)

20151201004.jpg










今年は運良く完走することができました。

20151201002.jpg





そんな「旅」するレースも人気の大会になり、

エントリーすること自体が大変なレースとなっています(汗)



そんななか、注目のエントリー方法は3方式になったようです。

募集定員は120名です。


【A優先エントリー】
・歴代の優勝経験者

・前回大会の男子8位以内

・前回大会の女子2位以内

・前回ハーブの部上位3名

・前回エントリーにて抽選外となった方


【B優先エントリー】
・A優先エントリー者を除く完走経験者

・ハーフの部完走経験者


【2次募集】
・上記優先エントリーにて定員に達しなかった場合に実施




僕は「B優先」にてエントリーできそうですが、恐らく抽選になるでしょう(汗)

まず、「A優先エントリー」がどの程度あるか想定してみます。


・歴代の優勝者:これまでの実績から約3名程度

・前回大会の男子8位以内:優勝者が1名入るので7名とします

・前回大会の女子2位以内:こちらで2名

・前回ハーブの部上位3名:こちらは6名

・前回エントリーにて抽選外となった方:選外になった方は62名だったと思います


よって、A優先は80名にものぼります(汗)

残りの枠は僅かに40名...(汗)



で、

B優先の資格者は何人いるか想定してみます。

・A優先エントリー者を除く完走経験者:今年の完走者は66名で、A優先を除くと30名程度でしょうか

・ハーフの部完走経験者:こちらは48名いらっしゃいますので、同じく30名程度でしょうか。

そして有資格者は今年に限った訳ではないので、もう少し多い(60~80名)かも知れません(汗)



どちらにしても残り枠である40名を越えてきますので、B優先は抽選になることでしょう。

当然のように「2次募集」は行われないと思われます(汗)




そんな感じで来年の「川の道」もエントリーまで厳しい道のりのようです。

特に新規参入のハードルが高くなりました。

先ずはハーフで完走実績を作り、

B優先で抽選を待たなければフルへの参加の道は開けないようです(汗)



しかし、520kmのワンステージレースがこんなに人気になるなんて、

世の中、わかりませんね~(笑)




ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。