ウルトラ フィヨルドの説明会に行ってきました。



ウルトラ フィヨルドの説明会に行ってきました。

先週の話しです(笑)

ナビゲーターはイーストウィンドの田中正人さん。

パタゴニアを良く知る人のひとりです。

20151104001.jpg


説明会の様子。

20151104002.jpg

アドベンチャーレースつながりの人が多かったみたいです。





南米チリ、パタゴニアにて行われる100マイルのウルトラトレイルレースです。

20151104003.jpg



20151104016.jpg
http://www.ultrafiord.com/




20151104004.jpg



20151104005.jpg



20151104006.jpg





先日見たDVD「世界の果ての冒険レース」パタゴニア。

そこに映し出される憧れるほどの景色。

と言うか、ひとの手が入らない全くの大自然。

そんななかでのレース。

憧れますね。


20151104007.jpg



20151104008.jpg



20151104009.jpg



20151104010.jpg





ただね、遠いのです(汗)

南米、チリ。

ちょうど日本の裏側になります(笑)

20151104015.jpg




HISでちょこっと調べると最安値(エアカナダ)で24万円ほど(汗)

羽田(HND)⇒トロント(YYZ)⇒サンディアゴ(SCL)⇒プンタアレナス(PUQ)

JALだと34万円掛ります(滝汗)

滞在費込みでざっと50万円コースでしょうか(笑)





開催は来年の4月です。

南半球だと秋口の気候だそうです。

秋口と言っても、南極のすぐそばですからね、とっても寒いそうです(汗)



そのうえ、幾つもの川を渡ったり、

20151104013.jpg



泥沼を進んだり、

20151104019.jpg




雪渓を越えるそうです(汗)

20151104014.jpg

過酷ですよね~(汗)

川の水だって、氷河から流れ込む水だそうですから、とっても冷たいとのことです(汗)






で、

昨年の完走率は25%だそうです(汗)

過酷なコースの割には関門時間が厳しかったようです。

なにしろ優勝者のタイムが24時間25分に対して、

制限時間が44時間だそうです。


一般的に優勝タイムの2倍がボリュームゾーンな訳ですから、

少なくとも50時間は欲しいところですよね。

因みに今年のUTMFの優勝タイムの20時間40分に対して、

制限時間は46時間ですから、UTMFは2.2倍以上ある訳です。



という訳で、

寒くて、過酷で、完走できる見込みがないので、

僕には縁のない大会のようです。

でも、ちょっぴり憧れます(笑)




ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。