先日の北アルプス縦走で困ったことと言えば「結露」です。



先日の北アルプス縦走で困ったことと言えば「結露」です。

テント内における結露には少々うんざりしました(笑)



雨の日は当然のこととしても、

降られなくてもテント内は結露します(汗)

まぁ、フライシートのないシングルウォールのテントの宿命みたいなもんですが、

狭いツェルトではより結露しやすいですね(汗)

2015082001.jpg


今回、持っていったテントはヘリテイジのストックシェルターです。
http://www.heritage.co.jp/gear_models/zelt_stock_shelter.html





軽量なのと、強風時でも設営がラクなので、選択した次第です。

なので、結露するのは承知のうえではあるのですが...(笑)




基本的に結露は外気温とテント内の温度との差により発生しますので、

テント内に人(熱源)が居れば、基本的には結露します。

なので、対策としては「換気」を行い、テント内と外気温との温度差を少なくするしかありません。





フライシートのあるダブルウォールのテントであれば、その空間層によりテント内との温度差を小さくすることができますので、結露の発生は多少なりとも抑制することが可能となります。

しかしその分、重くなりますので、どちらを優先させるか?

の問題になります。






で、

今回のストックシェルターは長さで256cm、高さで90cmありますが、

狭いです(笑)

20150820002.jpg


横になればつま先と頭がテントに触れますし、

座っていても頭がテントに触れます(汗)



なので、テント内でもカッパのフードをかぶっていないととても不快です(汗)

まぁ、基本的には「慣れ」るしかないのですが(笑)

ダブルウォールで軽いテントってないかしらね~。




ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。