川の道は2度完走しないと、完走したとは言わない?



僕のところにも届きました。

来年の萩往還250kmのご案内。

20150805001.jpg






萩往還のエントリーは一般募集に先立って、

参加経験のある人宛てに振込用紙付きで案内を送ってくれるのです。

しかも大会の写真付きで!

萩往還はリピート率も高いのですが、そんなサービスも影響しているものと思います。






ただ、来年も萩にはエントリーしない見込みです。

来年も川の道520kmに行こうと思っています。

また、日本海までの旅を楽しみたいと思っています。

20150805002.jpg




萩往還もとても素晴らしい大会ですので、またいつか走りたいと思っていますが、

来年はもう一度、川の道を走りたいと思っています。






今年の川の道を旅している途中に聞いた言葉が僕のなかで残っています。


「川の道は2度完走しないと、完走したとは言わない。」





決してそんなことはないと思ってはいますが、

僕の場合はマグレで完走しちゃったかも知れないので、

もう一度、川の道を、520kmの旅を楽しみたいと思っています(笑)





ただ、懸念されるのはエントリー方式です。

昨年は想定を上回るエントリーがあり、混乱がありました。

よって、来年は優先権を無くす案が提案されているらしいです(汗)


優先権とは520kmやハーフの完走経験者に与えられていた優先エントリーの権利です。

来年はそれを無くす案があるようなんです(汗)





川の道も萩往還もリピート率の高い大会です。

それに加え、管理できる参加者数は制約がある。

すると、新規エントリー者の敷居が高くなる。

そんなうれしい悲鳴があるようです。





実際に僕も今年の川の道の参加には10倍もの抽選倍率から運よく選考された経緯もあります(汗)

難しい問題ですよね。

最近のウルトラマラソンの人気具合から言っても...(汗)

まあ、何とかなりますかね(笑)

20150805003.jpg





ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。