アンドラウルトラトレイル完走記(その3)


例えばUTMBのコースはツールド・モンブラン(Tour du Mont Blanc)という

トレッキングルートがベースになっています。

20150708001.jpg





トルデジアンもアオスタ州の山々を一周するトレッキングルートである

Alta Via 1とAlta Via 2を繋げたものがベースとなっています。

20150708002.jpg





もちろんアンドラウルトラトレイルもアンドラ国内の山を一周するルートがベースになっているのですが、

コントロールフラッグに従って進むことになっています。

20150708003.jpg





20150708004.jpg






で、

このコントロールフラッグは登山道についているとは限りません(汗)

いや、正確には登山道から外れたところに置いてあることの方が多いです。

特に夜間はコントロールフラッグに付いている反射板(4cm2程度)をヘッデンでサーチしながら進むことになります。




しかもコントロールフラッグから、次のコントロールフラッグが見えるところにあるとは限らないのです(汗)

当たりをつけて、更に進んで、ようやく見つけられる場合がほとんどです。

山を見上げると、それはほとんど直登方向にあり、

谷を見渡すと、直下方向にコントロールフラッグが光っているのです(汗)





第3エイドであるPla Estany(45km地点)。

ここはコースピークであるComapedrosa (2,942m)の麓の山小屋になります。

見上げても山頂は見えません(汗)

20150708005.jpg

コントロールフラッグが2本立っており、ここから入れ!と言わんばかりです。

このガレ場を直登して行けという指示となります(汗)

さぁComapedrosaにアタック開始です!






序盤はなだらかな斜面も、標高が上がるにつれて斜度もキツくなります。

そして岩もガレてきます。

岩のガレ場をよじ登っていきます。

20150708006.jpg

岩は全て鋭角と平面でなされており、浮き岩状態です。

大きな岩でもグラグラしています(汗)

「今、地震が起きたら全部雪崩れるだろうなぁ...。」

「ここにいるみんな死んじゃうだろうなぁ...。」

などと妄想できるほどにグラグラの浮き岩だらけです(汗)






更に標高を上げると、岩のサイズも小さくなりますが、ガレガレは一層ひどくなります。

夕闇も迫ってきました。

20150708007.jpg







「カラカラ...。」

見上げると落石です(汗)

先行する選手が落とした落石でした。

「あぶねぇ...(汗)」

と、同時に「俺も気をつけなくちゃ。」

他の選手と同じラインを通っちゃダメだ。

自分も落とすかも知れないし、上から落ちてくるかも知れません(汗)






傾斜は更にキツくなります。

足場は悪いまま、フラッグは相変わらず直登方向にしかありません(汗)

既に四つ這いの姿勢で登っています。

しがみついているという表現が正しいそうです(汗)

ここで足を滑らしたら、ガレ場のなかを転げ落ちるしかありません。

こんな山登りは初めてです(汗)





トレランどころか、登山としてもこんなに厳しいルートを踏んだことありませんでした。

ビクビクしつつも、慎重に這いつくばって進みます。

ようやくピークが見えてきました。

既に闇に包まれていて、ヘッデンの灯りだけが頼りです。




ピークの方向から音楽が聞こえてきます。

スタッフさんが管楽器による演奏して選手を迎えてくれています。


しかし、そこまでのルートはナイフエッジなのです(汗)

両サイドは切り立った岩肌!

落ちたら間違いなくアウトです(汗)

3,000m級のナイフエッジを通るなんてことも当然初めての体験です(汗)

超ビビリました(泣)

ピークでもこんな写真しか撮れませんでした(笑)

20150708008.jpg







風も強いのでチェックだけしてもらって、直ぐに下山しました。

下山ルートは比較的ゆるやかなルートで助かりました。

登りは本当に厳しかったです。





しかし、下りの難所はこの先にありました。

雪渓のトラバースです。

これまで幾つもの雪渓を越えてきましたが、このトラバースは危険過ぎます(汗)

落ちたら、冷たい湖に滑落直行です(汗)





慎重に、慎重に進みます。

が、ステーーーン!

とっさに脇のロープを掴んで滑落は逃れましたが、マジで危険過ぎます(汗)

しかもトラバースの傾斜も厳しく、長く続くのです。

さすがはコースピークのComapedrosaです(汗)




コースの序盤にあるからこそ、越えることができましたが、

これがフラフラの終盤に置いてあったら、どうなっていたかわかりません(汗)

ただ、この後の断崖絶壁の鎖場で、バランスを崩して肩を強打したことも忘れる訳にはいきません(笑)

第4エイドであるRefugi del Comapedrosa(50km地点)に着いたときには23時を回っていました。

20150708009.jpg

これから夜間走に入ります(汗)



ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。