明日はいよいよ川の道フットレース競技説明会です(汗)



今日も暑かったですね~(汗)

熊谷、秩父は真夏日ですか?

ここってコース上ですよ。

川の道の当日もこんな暑さだとシンドそうです(汗)



特にスタート直後からの荒川の河川敷は自販機もないことから

水をどのくらい持っていくのか、悩みどころです。

最初のエイドがCP1彩湖畔(36km地点)ですからね。

そこまで持つように水を用意しないと干上がってしまいそうです(汗)



水はソフトフラスク(500ml)にて持っていく予定です。

ザックはサロモンのスキン12Lです。

20150427001.jpg


20150427002.jpg





ザックは久しぶりに購入しましたが、なかなか良いです!

荷室は上下の2段に分かれており、使い勝手が良いです。

上段には出し入れの頻度が低く、重量のあるものを入れます。

下段は背負ったままアクセスできるので、補給食等の出し入れ頻度の高いものを入れます。

20150427003.jpg





そしてサイドのファスナー付きポケットには財布などの貴重品を。

20150427004.jpg


さらに、その横の縦長ポケットには地図やペース表、チェック表とボールペン。

それに歯ブラシを入れる予定です(笑)

よくできています。





そして、フロントもよくできています。

20150427005.jpg


だいぶ前からドリンクはボトルからソフトフラスクに変えています。

走っても揺れないのが最大のメリットです。

ボトルですと、残量によってボトル内で水が揺れます。

それが案外と気になるのです(笑)

ソフトフラスクですと、全く揺れない。

お気に入りです。



背負うタイプのハイドロシステムは補充を前提としない、短いレースであれば使うこともありますが、

補充が必須の長いレースでは水の残量の把握が難しいことから、最近は使わなくなりました。




そして、特にお気に入りは洗濯物を干せることです(笑)

このショルダー部にあるゴムバンド。

20150427006.jpg


裏には滑り止めも付いています。

20150427007.jpg


ここにレインジャケットの袖を通せば、洗濯物干しの出来上がり(笑)

20150427009.jpg




雨が上がった後などは、濡れたままのレインをザックに仕舞うのは気が引けるのも。

それを簡単にザックに干すことができます。

バンジーコードで外に止める方法もありますが、それでは内側まで乾きません。

もちろん、山の岩や枝に引っ掛けてしまう危険性もありますが、

街中であれば、それほどの危険性はないものと思っています。

先週の宮ケ瀬湖50kでも雨に降られましたが、便利に使うことができました。

雨が降ったり止んだりする場合に使い勝手がよかったです。




フックも改良されて、止め易く外し易いです。

スマホは胸のチャック付きポケットです。

20150427008.jpg





と云うことで細部に渡って改良がなされており、大変に感心した次第です。

サイズ感も少し小さめになってM/Lサイズでジャストフィット(笑)

いいザックと出会えてとてもご機嫌です。



さて、明日はいよいよ川の道フットレース競技説明会です。

ワクワクでドキドキです!(笑)




ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


スポンサーサイト

コメント

cyantate #-

強烈なウルトラマラソンがあるんですねー

頑張ってください。
応援しています!
尊敬します!

2015年04月28日(火) 23時20分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。