川の道に向けて準備を始めました。(ウエア編)


川の道フットレースは3カ所のレストポイントがあります。


170km地点のこまどり荘

20150416002.jpg




265km地点の小諸グランドキャッスル

20150416003.jpg




399km地点の鹿渡館

20150416004.jpg





そこで預けたデポバックを受け取ることができます。

ひとつのバックを移動しながら運んでくれるシステムです。

TDGと同じようなシステムですね。

区間距離は長いかも知れませんが(笑)




なので、天候の変化や標高の変化によるウエアの対応は、

ある程度予測してザックに忍ばせておく必要があるようです。

まぁ、このあたりの対応はトレイルの100マイルレースと似ているかも知れません。




晴れて暑かったら、半そで半パン。

夜間はウィンドシェルを羽織って、

寒ければロングスリーブも。

タイツの出番もあるかも知れません。

レインウエアも気温や降水量によって、2種類の上下を選択します。

天候を予測して、ザックに入れておこうと思います。




で、

ソックスは最近のお気に入りを持って行きます。

injinjiの五本指です。

20150416001.jpg
http://www.injinji.com/shop/trail.html

厚手のトレラン用です。

薄手のラン用もあるようですが、長い距離には厚手が気に入っています。



少し前まではドライマックスがお気に入りでした。

20150416005.jpg
http://www.lotus-corp.jp/drymax/lite_trail_run.html

ライト・トレイルのタイプです。

どちらのソックスも速乾性とクッション性と耐久性で優れていると思っています。




同様なソックスも色々なメーカーから出ていますが、

厚手で耐久性のあるものは少ないような気がします。

某社のメリノウール五本指は1レースでくるぶしに穴が開きましたし...(汗)




このふたつは濡れても、一旦脱いで絞れば、また履けるようになります。

先月の小江戸大江戸200kでも終盤の雨と水たまりでばっちり濡れましたが、

マメとかフヤケとかのトラブルはありませんでした。



長い距離での足のトラブルは出来るだけ避けたいですからね(汗)

ソックスには案外と気を使っています(笑)



ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。