少なくとも、最後まで歩かなかった(3)


一年ぶりに戻ってきた。

サロマのスタートライン

20110630001


ここから100kmの旅が始まる。

途中で終わることなく、最後まで走り続けたい。

それが唯一の願い。

サロマの碑

20110630002





そして集まった「走る」仲間たち。

20110630003


20110630004






今回の作戦は、

「前半は臆病に、後半は大胆に」



70kmまでは慎重に抑えて走り、

残り30kmはすべてを出し切る。

そんなイメージで進めていきたい。



スタート位置も周囲に引っ張られないように、ほぼ最後尾につける。

20110630005


スタートの号砲は聞こえなかったが、前方で歓声と拍手が起こる。

ガーミンをスタートさせた。

関門はグロスタイムなので、スタートロスも含まれる。

関門ギリギリであれば、わずかなロスも惜しいところだが、ここは大らかに行こう(笑)

20110630006
2分36秒のロス(笑)



行ってきまーす!

みな、両手を上げ、手を振り楽しそうにスタートしてゆく。

ウルトラならでは光景。

20110630007




今回からスタート直後のコースが変更になっている。

昨年までとは逆方向にスタートし、最初に市街地を抜けていく。

20110630008



そしてまたスタート位置に戻ってきて、サロマ湖を目指すようなルート。

地平線の先までランナーが続く。

20110630009




サロマでは10kmごとに時計がおいてある。

時計が指すのは時刻。


スタートからの経過時間ではなく、時刻である。

例えば最初の関門であるフル(42.195km)地点の関門表示は、10:30:00

午前10時半となる。

要は5時間30分以内に関門通過しないとならない。



ここは、20km地点。

20110630010

7時6分51秒

すなわち、20kmのタイムは2時間6分51秒。



そして最初の(竜宮台)折り返し。

20110630011




サロマ湖とオホーツク海の間を走っている。

20110630012




折り返してすぐに太鼓の応援がある。

20110630013


子供たちが一生懸命に叩いているので、こちらもパワーをもらえる。

ありがとう!




そして、30km地点。

ここまでで、3時間7分26秒。

20110630014


序盤の30kmは抑えているつもりでも、キロ6分ペースとなってしまった。

想定より少し速いけれど、無理なく走れているので、気にしないようにした。

天候も予報通りの曇り空。

暑くはない。

去年のような「かぶり水」の必要はなかった。



ここまでは...(笑)




もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!



スポンサーサイト
GO TOP