チャレンジ富士五湖100kmへの挑戦!

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン100kmにエントリー致しました。


富士五湖で初の100kmを完成させたいと思っています。


2010102601




私の初ウルトラは、6月のサロマ湖でした。


しかし結果は60km関門でのタイムオーバー。


DNFです。


ジョギングを始めて1年でウルトラへのチャレンジは、無謀だったかも知れませんが、ビギナーの私には、3km走ることも未知なるチャレンジでした。


100kmのウルトラも、その延長。


走れる距離が、5kmになり、10kmになり、20kmになり...、


そして挑んだ100kmでした。



その結果が、60kmでのDNF。


悔しさで、いっぱいでした...。







そして、次のチャレンジに挑んだのが、


歴史街道丹後100kmウルトラマラソン!

の60kmの部(笑)

2010102602



先日、ブログで報告できた通り、苦しみながらも完走することができました!

2010102603


有難う御座います。




そして今回、100kmウルトラの舞台に選んだのが、チャレンジ富士五湖です!



雄大な富士山の麓の湖を、回って走る...。



開催は2011年4月30日(土)


ちょうどゴールデンウィークの前半。


仕事を休まないで参加できるのが有難いですね(笑)


先の丹後ウルトラも、3連休の中日でしたので、こちらも助かりました。


今のご時勢、会社を休むのには、かなりのエネルギーが必要ですからね~(笑)


そんな配慮がとても助かります。




富士五湖100kmを何としても走りきりたい!


100kmを走りきり、新しいチャレンジに繋げたいと思っています。






その先のチャレンジとは?


それを考えるのが一番楽しいのです(笑)


ウィグライ飲んで頑張ります!


スポンサーサイト

丹後ウルトラマラソン(写真)

丹後ウルトラマラソンの写真が公開されましたね。

記念に購入しようと思います。



で、

その一部を先行で公開します。



こちら20km付近の七竜峠ですね。

tango06

まだまだ元気です。




これはどこかなぁ...。

tango05

淡々と走っています。



こちらは47km付近、丹後庁舎を出てすぐの登りですね。

tango04

しんどかったところです。





で、

ゴール手前でハイタッチのお出迎え。

tango03




念願のゴールです!

tango09




笑顔のゴールです!

tango02



丹後ウルトラマラソン(後編)

いちど止まってしまった足は、なかなか言うことをきてくれなくなりました...。


立ち止まることで、つま先の痛みが和らぐことを身体が覚えてしまったのです。


もちろん疲れがない訳でもありません。





でも、脚は動きます。

ふくらはぎにもハムストリングスにも、まだ力は残っています!





心が折れてしまったのか...。


自分でもわかりません。


少しでも前に進もう。


歩き始めました。






今回の目標のひとつに、「歩かないこと」がありました。



エイドで休んでも、それ以外は走りきる!


歩かないで走りきる!


そう、目標を立てていました。



しかし、今は1/3の距離を残して歩いてしまっています。






「爪が剥がれて痛いんだよ。」

「ムリだよ。」

「しかたないよ。」



自分に言い訳している自分が、そこにはいました。




後続のランナーに何人にも抜かされます。


沿道でおばちゃんが声援を送ってくれます。


「がんばってー!」


苦笑いで片手をあげることしかできません。





親指の爪はパックリいっているのは、間違いありません。

中指もいってます。

左足は薬指もヤられています。




怪我だから、仕方がないよ。


次のエイドでリタイアしよう...。








でも...、


次のエイドまでだったら、あと3kmぐらいだな。

そこまでなら、走れるか...?





ゆっくりですが、また走り始めました。


もちろん、つま先はズキズキ痛みます。



でも、次のエイドまでなら...。





沿道では、声援を送ってくれている方がいらっしゃいます。


「がんばってー!」

「ご苦労さんー!」



走っているんだか、歩いているんだか、わからないような私にも声援を頂ける...。

有難い想いを通り越して、申し訳なくなります。



沿道の声援に、お礼を伝えながら走っていると不思議と気持ちが前向きになってきます。


「こんにちはー!」

「ありがとうございますー!」



声を出して走っていると、気持ちが前向きになってきます!


走るリズムも戻ってきました!


まだ走れます!


声援のおかげです!






次のエイドでは、タスケさんがちょうど出るところでした。

まだ、そんなに離れていない。



私も給水とかぶり水とトイレに寄って、またスタートすることができました!


ただ、このペースでは7時間ではムリです。

目標を7時間半に修正して、再度ピッチを刻み始めました。





つま先の痛みは当然あります。


脚にも疲れが溜まってきています。


それでも、何としても完走する!


今はその想いだけで走っています!






村上春樹氏の著書、

「走ることについて語るときに僕の語ること」の一節に勇気をもらった言葉があります。



Pain is inevitable. Suffering is optional.


「痛みは避けがたいが、苦しみはこちら次第」


痛みは現実のものとして、どうしようもないが、苦しくても頑張れるかどうかは、自分次第なんだ。




そう。


オレは、まだ走れるんだ!


つま先は痛くてたまらないが、オレはまだ走れるんだ!




ウルトラなんだから、苦しくって当たり前!

体中が痛くなって当たり前です!







長い長い旅です。


つま先の痛みも、ここ丹後のみなさんの声援のおかげで乗り切りました。


50km地点からの最後の峠を見上げたときは、絶望で立ち竦みました。


それでも、丹後の皆さんの声援があったから越えることができました。





ラスト5kmからの、1kmごとのカウントダウン。


走れ!


走れ!!


走れ!!!



オレはまだ、こんなに走れるんだ!





ラスト1kmのフィニッシュルートでは、沿道のおじいちゃん、おばあちゃんの声援で涙が溢れました。


「おかえりー!」

「ご苦労さんー!」



帰ってきました。


涙で前が見えません。






泣き笑いのゴールです。


丹後ウルトラ60kmを走りきりました!


20100919054

私だけの金メダルです。



丹後ウルトラマラソン(中編)

今年の夏は富士山に7回登りました。


富士登山競走の練習とレースを含めて、7週連続で富士山に通いました。




そこで痛感したのが、下りの弱さでした。

下りが下手で下手で...。


毎回、下りで爪を痛めておりました。




そして、今回もまた、


七竜峠の下りで爪を痛めてしまったのです。



原因のひとつは、シューズをかぶり水で濡らしてしまったこと。

そして、下りでも飛ばしてしまったことです。



正直、ズキズキと痛いです。

気にするとよけいに痛いです。


でも、どうすることもできません。



タスケさんには、先に行ってもらい、

私はマッサージをしてもらってから行くことにしました。


スポンサーであるファイテンのサポートプログラムです。

20100919044

ありがとうございました。





コースはここから、海岸線を離れ、内地に向かいます。


改めてコースを紹介します。

20100919001


青いラインが100kmのコース、赤いラインが60kmのコースです。


この色は完走メダルのリボンの色なんですね。





さぁ、くじけてなんて、いられません!

痛くたって、まだ走れるのですから!


目指すは、次のエイドの「特製パン」です(笑)


7km先の「あじわいの郷」エイドに向かって出発です!





しばらく走っていると、前方にタスケさんが見えます。


ペースダウンしているなぁ、と思っていたら、

携帯を打ちながら走っていました!

Patio内(一部)で流行っているtwitter走法のようです(笑)


お陰様で先に「特製パン」を頂くことができました(笑)





さぁ、次の目標は「弥栄庁舎」エイドの「ばら寿司」です!

そこはスペシャルエイドなので、着替えやサプリ類も預けてあります。

ちょうど中間点の34.2km地点です。





相変わらず、つま先はズキズキと痛みますが、大丈夫です!

と自分に言い聞かせ、納得させて走り続けます。


痛みはありますが、脚はまだまだ力が残っています。



この数ヶ月、丹後に向けて練習を重ねてきました。

距離走も余裕を残して続けられました。


脚のケアも十分に行いました。

痛みも故障もなく、休養も十分にとって今日の丹後を迎えたハズです。


まだまだ、頑張って走れます。




国道脇の歩道を淡々と走ります。

20100919045


交通整理はありますが、交通規制はありませんので、信号が赤になれば、みんなで止まります。

青になったら走りだします。

そんなレースです。




ようやく着きました。

弥栄庁舎です。

20100919046



皆さんエイドに群がっております(笑)

20100919047



こちらが、待ちかねた「ばら寿司」です。

20100919048



いただきま~す!

20100919049




で、食べていると、タスケさんも到着。

一緒にエイドします。



ここで、秘密兵器の登場です。

エイドに預けた袋から、エアーサロンパス!


両脚にシューーーー!

あー、ひんやり気持ちいいーーー!


タスケさんにも、となりの女性ランナーさんにも貸してあげて、みんなでシューーー!

そして、もうひとつ、エイドにあった「WGH pro」。

こちらも頂いて、タスケさんと一緒に出発です!






あれ...。


痛い...。


つま先がもの凄く痛みます...。



しばらくは我慢して走っていましたが、


「タスケさん、オレちょっとストレッチしていくから、先に行ってて...。」



ついに立ち止まってしまいました...。


まだ、37km付近です...。

丹後ウルトラマラソン(前編)

歴史街道丹後100kmウルトラマラソン60kmの部


完走してきました。

タイムは、7時間59分52秒。

辛く、厳しい8時間あまりの旅でした。






その日はスタート地点である、久美浜カヌー庫前近くのホテルに前日泊。


緊張からか、午前2時前に目が冴えて、そのまま朝を迎えることに...。

20100919010


ホテルの窓から朝日。


今日もいい天気になりそうです。





私の出場する60kmの部のスタートは9時。


既に100kmの部は4:30にスタートをしています。


ホテルの前は、100kmの部の25km付近でもあり、速いランナー達は既にホテル前を通過しています。



私たちもスタート地点に向かう時間になりました。


今回、私はチームPatioのみなさんと、総勢6名で丹後ウルトラにチャレンジに来ております。

それぞれに目標を持ってのチャレンジです。


スタート地点への移動中、すれ違う100kmのランナーたちに声援を送りながら向かいます。

20100919011


みなさん、まだまだ元気です。




5kmほど歩いてスタート会場へ。

20100919014



ブースは既に賑わっております。

20100919016



完走を誓っての記念撮影。

20100919013


左からタスケさん、まっすーさん、そして私。


陽射しはジリジリ、かなり暑くなってきました。


スタート20分前に準備体操。

20100919018



そして、スタートを待ちます。

20100919019



丹後ウルトラ60kmの部の出場者は689名。

幾つもの峠越えとアップダウンの続くタフなコース。


それでも、7時間切りを目標にしていました。



前半は6分半ぐらいで抑えて走り、後半はエイドでのロスを含めても7分半ぐらいで押して行こうと思っておりました。


スタートして、スグに最初の峠です。

20100919020



抑えて抑えて...。



5kmの看板でタイムを確認すると、

28分。

速すぎます。


周りのペースに飲まれちゃっていますね。



最初の峠を越えて、久美浜湾。

20100919021



抑えて抑えて...。


10kmの看板でタイムを確認すると、

56分。

速すぎます。


完全に飲まれています。


ただ、気持ちよく走れているので、今のペースを維持していきましょう。




しばらく走ると、道脇にテーブルがあります。

20100924024



梨農家の私設エイドです。

有り難いですね。

頂いて参ります。

梨がおいしぃー!

20100919025



皆さん立ち寄って、ごちそうさまでしたー。



更に進んで、15km付近。

1時間24分。


これから難所の七竜峠です。

20100919028


みなさん、いいペースで登っておられます。


軽快ですねぇー。

20100919029



おっ、見えました!

七竜峠の山頂エイドです!

20100919030


ふぅ、やれやれです。

スタッフのみなさん、ご苦労さまです!

20100919031


あれ、スタッフTシャツは2007年度版ですか?





さぁ、あとは下りです。

気持ちよく行きましょう!


下り始めてすぐに20kmの看板。

タイムは2時間ちょうど。


難所の七竜峠までを6分/kmでこれた計算です。


順調というより、速すぎです...。



七竜峠の下りで、稲刈りの終わった段々畑と日本海。

20100919033



日本海を望むコースを皆さん、軽快に駆け下りていきます。

20100919036




と、

写真を撮っていると、

「ドタバタさーん!」

タスケさんです。


ここを下った、漁港のエイドまで一緒に行くことにしました。

20100919037


あの岩の向こう側です。




エイドの前で、タスケさん。

20100919038



そして、私(笑)

20100919039



まだまだ元気です!


ここのエイドは、特製うどんがあります!

20100919040



早速、いただきま~す!

20100919042


うん、おいしい。




ただ...、


七竜峠を下っている最中に、つま先に違和感が...、

と言うより、痛みが...。


つま先に目をやると、

シューズに血が滲んでいます。


しかも両足とも。

20100919043



爪が剥がれてしまったようです...。



まだ、22.8km地点だというのに...。





GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。