レユニオンのレースレポその3です



ラストピークであるマイド(Maido)で昼寝すること1時間(笑)

美味しくないノンアルコールビールでもよく寝られました(笑)


ここから次の大エイドのアルテラ(HalteLa)までは18km。

一気に1,800m下ります(汗)

20141103001.jpg





アルテラまで行ければゴールのサンドニまで残り33km。

山もコロラド(Colorado)を残すのみです。

20141103002.jpg





しかし油断は禁物です。

先ずはこの下りを慎重に降りましょう。

121km進んだ脚に長い下りは厳しいものがあります(汗)



尾根沿いを下っていくと、海が見えてきました!

20141103003.jpg

右下は深い渓谷です。

更に右側の山の奥の山がコロラドで、

更にその向こう側にゴールのサンドニになります。




25日 16:55

アルテラに着きました。

ドロップバックのある大エイドです。

139km地点です。

シャワーを浴びて、着替えて、食事をして、仮眠します。

関門まで6時間あります。



今回のドロップバックの失敗は、お風呂セットを忘れたことです(汗)

ソープとタオル。

これは必要でした。


たまたま置いてあった(落ちていた)石けんを借りて(笑)、

シャツをタオル代わりに使って身体を洗いましたが、お風呂セットは必須でしたね。

次回は忘れないようにしましょう。



食事はここでもチキンカレーライスです。

当然お代わりしました(笑)

冷たいコーラもがぶ飲み状態です(笑)

タチシタ選手も一緒です。



食事のあとはマッサージもしてもらいました。

美女ふたりに両脚をモミモミ(笑)

あまりに気持ちよくて寝落ちしてしましました(笑)

そしてベッドでしっかりと熟睡です~。




アルテラの出発は20時。

タチシタ選手は既に出発していました。

後から到着したコウタケ選手は爆睡中です(笑)

タケイシさんと一緒に最後のパートに挑みます。




が、

走り出しの身体が重いです(汗)

足裏が痛いです(汗)

登りはいいとしても、下りが行けません。

先行するタケイシさんとはぐれてしまいました(汗)




このあたりから青いゼッケンの選手が合流してきます。

67kmクラスのLeMascareignesの選手です。

「確かゴールまで同じコースっだったよなぁ?」

と思いながらも少々不安です(汗)

釣られてミスコースしていないよね?(汗)

何とか英語のできる人を捜してコースがあっていることを確認した次第です(笑)





街に降りてきてポセッション(Possession)のエイドに到着しました。

152km地点です。

日付は26日になりました。00:25。

海岸まですぐそこです。

あと20kmです。




この先の海岸沿いの道を走って、コロラドの山を目指すのかと思っていましたが、

大違いでした(笑)

海岸線の道路はほんのちょっとだけ。

その先は石畳の地獄の道だったのです~(汗)



石畳という表現ではないですね。

平らな石なんてありませんから(笑)

ガレガレの岩でできた超急登の道です(汗)


登りはもちろんのこと、下りの足へのダメージはハンパないです(汗)

154km 9,000mD+を越えてきた脚に、この仕打ちは堪りません(汗)

ホントにもうフラフラです。




石畳に痛めつけられること4時間。

ようやくラストピークのコロラドを目指すことができます。

夜明けが近いです。



コロラドの朝焼けです。

20141103005.jpg

サンドニの街と海が見えてきました。



あの丘を越えて下ればゴールはすぐです。

20141103006.jpg





ゴールに向けて走ります。

20141103007.jpg




脚が痛くてもガマンです。

20141103008.jpg




もう少しだ。走れ!

20141103009.jpg



20141103010.jpg



20141103011.jpg






山を抜けて競技場までは沢山の声援。

「ブラボー!」

「ユジー!ブラボー!!」




帰ってきた。

20141103012.jpg




20141103013.jpg




20141103014.jpg




笑顔で、元気に走ってゴールすることができました。

20141103015.jpg


ありがとう。

レユニオンとみんなにありがとう。




ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


スポンサーサイト

レユニオンのレースレポその2です。



シラオ(Cilaos)に着きました。

ドロップバックの置いてある大エイドです。

65km地点です。

20141102023.jpg

レユニオンは3つのドロップバックを預けることができます。

65km地点のシラオ(Cilaos)

139km地点のアルテラ(HalteLa)

そしてゴール(172km)のサンドニ(StDenis)



それぞに着替えと補充用の行動食やワセリン等の備品を預けています。

そしてシラオには替えシューズを入れておいたので助かりました。

ここまでの泥でシューズはグチャグチャなんです(笑)




シラオに着いたのは24日の12:44。

芝生の上でタケイシさんが出発の準備をしていました。

1時間前に着いていて、食事をして昼寝をしていたそうです。

ヨコヤマ選手とノマ選手は先ほど出発したとのことでした。




僕も早速着替えて食事します。

チキン・マカロニです。

食事のできるエイドでは肉(チキン)があって助かります(笑)

場所によってはマカロニの他、ライスもありました。

なかなか美味しく食べられてよかったです。



タチシタ選手も食事にきました。

胃をやられて横になっていたとのこと。

何とか復活して頑張ってほしいです。

ここからタケイシさんに引っ張ってもらうことにしました。




今年のレユニオンはここシラオからのコースに変更があります。

昨年までのコースの痩せ尾根が崩落したとのことで、

ピトンデネージュ入口(GiteDuPitonDesNeiges)2,478mを越えて、

エルブール(HellBourg)を回るコースに変更になりました。

20141102002.jpg

お陰様で距離も標高も過去最高となりました(笑)




あの山を越えて行きます。

20141102003.jpg




岩肌はあんな感じにどこも切り立っています(汗)

20141102005.jpg




シラオは山に囲まれた街。

というか、火口にできた街なので、周囲は切り立った山に囲まれています。

20141102021.jpg





山小屋が見えました!

20141102007.jpg

2,478m地点になります。




明るいうちに着けてよかったです。

後ろがピトンデネージュ(3,070m)です。

20141102008.jpg



逆光だったので、タケイシさんと撮り直し(笑)

20141102009.jpg





次は87km地点のエルブール(HellBourg)を目指します!

20141102010.jpg






エルブールに着いたのは21:09。

タケイシさんと相談して少し仮眠することにしました。


が、

仮眠できる場所が見あたりません(汗)

仕方がないので風の当たらない建物脇にゴロリ(笑)




しかし、これがいけませんでした。

持っているものを全部着込みましたが、

冷えて風邪をひいてしまったようです(汗)


喉が痛くて悪寒がします(汗)

しかもエルブールには仮眠スペースがあったようです(汗)

これから二晩目に入ります...(汗)





この区間が最も辛かったです(汗)

夜に入り雨が降ってきました。

幾つものアップダウンの繰り返し。

眺望の無い森のなか。

悪い足場。



登ったと思えば、また降ろされて沢渡りの繰り返し。

下は激流。

雨と風は強まる一方。

悪寒も酷い。

立ち止まったら、低体温で死んでしまいそうです(汗)




エマージェンシーシートは昨日の雨で使ってしまい、予備は持っていない。

畳めない使い切りタイプは予備を持っていないとダメですね。

畳めるタイプにしなかったのは失敗でした(汗)





時折ある岩陰や洞窟にはエマージェンシーシートにくるまった選手がビバーグしています。

それもひとつの正解。

出口の見えない森のなか。

二晩目の疲労と雨と寒さ。

無理して進むよりはビバーグした方がいいかも知れません。



ただ、エマージェンシーシートを持っていない今はそれも無理。

進むしかない。

気持ちは折れかかっていました。

一人で進んでいたらダメだったかも知れません。

タケイシさんが一緒に居てくれたので、何とか進むことができました。





人の声が聞こえる。

上の方に灯りが見える。

エイドだ!

メールル(PlaineDesMerles)のエイド(101km地点)に到着しました!

時間は25日の02:04。



相変わらず雨は降り続いています。

エイドのテント内は出発を躊躇う選手で溢れていました。

1時間程前に到着していたノマ選手も出発を躊躇していました。



標高は1,820m。

雨と風で相変わらず寒いですが、暖かい紅茶をもらって生き返ります。

長く休むと寒さで身体が動かなくなるので、意を決して進むことにします。

ここが踏ん張りどろこです。





二晩目の夜が明けてきました。

雨もあがり、山肌に朝日が差しています。

最後のピーク マイド(MaidoTeteDure)が見えてきました。

20141102011.jpg

2,030mです。



例によって渓谷まで一気に降ろされます。

山に登る前は必ず河まで降ろされます(汗)

20141102012.jpg

もう馴れましたからいいですが(笑)





あの尖ったところマイドです(笑)

あの断崖絶壁を登ります(汗)

20141102013.jpg





マイドの麓のエイド ロシェプラット(RochePlate)。

114km地点です。

エイドのお姉さんは皆さん明るく元気です。

20141102014.jpg

タケイシさんが一番元気ですが(笑)





さぁここから登りますよ!

マイド!2,030m!

20141102015.jpg

夜の寒さと打って変わって暑いです!

しかも超急登です(汗)

この目まぐるしく変わるコンディションの変化に対応できるかが、レユニオンのポイントのような気がします。




やりました!

登頂しましたよー!

20141102016.jpg




素晴らしい景色です。

20141102017.jpg



20141102018.jpg


日本でもヨーロッパでも見たことのない景色です。

来て良かったです!

20141102019.jpg




取り敢えずここで、ビール呑んで昼寝することにしました(笑)

20141102020.jpg

25日の11:16です。

121km地点です。





ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


レユニオンのレースレポその1です。


レユニオンのレースレポその1です。

スタートから65km地点のシラオまで。

スタートは23日の22:30。

南国の陽気なDJとリズムが流れています。

20141031001.jpg




スタート前のヤマケン選手とタチ選手、ノマ選手は横になって体力温存中です。

20141031002.jpg




写真も撮ってもらいました(笑)

20141031003.jpg




奥宮選手もスタート準備中です。

20141031004.jpg





スタートして、山に入るまで(14km以上)ずーーっと声援が途絶えない。

ものすごい応援です。


山に入ってから最初のピーク、ピトンテクスロル(PitonTextor:2,165m)までは暖斜面が続きます。

ヘッデンのラインが山の先まで続いています。

20141031005.jpg

走ろうと思えば走れます。

僕は走りませんが(笑)






時折、急斜面では渋滞しますが、いい休憩だと思って休みます(笑)

が、

ここから雨が落ちてきました。

まだ20kmも来ていません(汗)

冷たい雨が身体を徐々に冷やしていきます。

20141031006.jpg





翌05:23最初のエイド、ピトンセック(PitonSec:1,850m)に着きました。(35km地点)

20141031023.jpg




外は雨がひどいのでエイドのテント内は大混雑(汗)

エサにありつくのも大変な有様です(汗)

ここから5kmで最初のピーク ピトンテクスロル(PitonTextor)2,165mです。

06:32 ピークに到着しました。

20141031007.jpg






ここからしばらく広大な草原地を進みます。

20141031014.jpg




20141031008.jpg




20141031011.jpg




20141031010.jpg






暫くすると、また雨が強く降りだしました。

ドロドロの泥とツルツルの草で、歩くのもままなりません(汗)

脇には牧場の有刺鉄線が張り巡らされているので、

うかつに掴んだら一大事です(汗)

当然、転びました(笑)

前の選手をパスしようと道脇に寄ったところで、スッテーーン!

思いっきりの泥だらけ...(汗)

あーあ...(泣)




次のエイドは50km地点のマルアブー(Mare à Boue)。

ここでようやく肉にありつけました(笑)

ここでも雨をしのぐために狭いテント内はぎゅうぎゅうです(汗)

しかも2,000m級の高所ですから寒い寒い。

防寒着で持っていたCAP4を着て、

さらにエマージェンシーシートを腹に巻いてから、

レインウエアを着こみました。

立ち止まったらマジでヤバい寒さでした。

20141031009.jpg

手袋は業務用のビニール手袋です(笑)




お昼前には雨もあがり、何とか生き延びることができました(笑)

ふたつ目のピーク コトケルヴェン(Coteau Kervegune)2,206mを越えると、

シラオ(Cilaos)の街が見えました!

20141031015.jpg




ここを下ればシラオの街です!

エイドです(65km地点)!

急斜面をガンガン下ります!

20141031016.jpg




やったー!

下りましたー!

マルアジョゼフ(Mare a Joseph)のエイド(61km地点)に着きました!

20141031017.jpg





さぁシラオのエイドまであと少しだー!

と、思っていたら、

そうはいきませんでした(汗)




街付近まで下りたら、この先に更に深い渓谷があります。

この渓谷を渡らないとシラオの街に入れないようです(汗)

山を延々と下らされた後、

更に谷を延々と下らないとシラオのエイドには行けないのです(汗)



渓谷の河を渡ります。

20141031018.jpg

暑くなったので、CAP4を手に持って乾かしながら進んでいます(汗)



20141031019.jpg





さぁ、今度は登れー!

20141031020.jpg





この谷にも声援の方が大勢いてくれました。

思わず頑張って駆け上っちゃいました(笑)

20141031021.jpg




20141031022.jpg


シラオのエイド(65km地点)までもう少しです!





ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


レユニオンのリザルトがでました。


レユニオン完走しました。

GRAND RAID Reunion

Diagonale des fous(愚か者の対角線)

距離:172km

標高:10000m D+

時間:56時間09分54秒

総合:763位

年代:133位

20141030001.jpg






順位はどうでもいいです(笑)

完走して結果を残すことが一番の目標でした。

そのなかでベストを尽くす。

今回はそれができました。



今年のGRAND RAIDは参加者は2,307名。

地元レユニオン島の選手が1,229名。

本国フランスから882名。

そして日本から22名のエントリーがありました。

20141030002.jpg

外国人では日本からの参加者が一番多かったことになります。



すごいですね。

鏑木さん効果というか、突貫さんの成果というか。

地元紙でも日本からの参加者について紹介もありましたからね。


ゴール後の会場でクッチーさんも放送局に連れていかれて、日本からの参加について色々と聞かれたみたいですし。

日本人が大歓迎されている感じでした。



レース中もふたつの大エイドで、

そしてゴール手前で、

アレー!ユジー!

ブラボー!

と、ホントにたくさんの声援を頂きました。

UTMBと同等かそれ以上でした。


お陰様でゴールの競技場に向かう沿道で、思わず涙腺が緩んでしましました。

本当にうれしかったです。

レユニオンを完走することが出来ました。

20141030003






このコースはふたつの大エイドで区切った3つのパートで分けると理解し易いです。

第1パート:スタートのサンピエール(St Pierre)からシラオ(Cilaos)までの65km。

第2パート:シラオからアルテラ(Halte la)までの74km。

第3パート:アルテラからゴールのサンドニ(St Denis)の競技場までの33km。

20141030004.jpg





今回、僕が完走できたのは過酷な第2パートを引っ張ってくれた人がいたからです。

超ウルトラランナーのタケイシさんです。

20141030005.jpg




いくつもの砂漠のレース(250km)を走り、

20141030006.jpg



20141030007.jpg




UTMB(160km)とトルデジアン(330km)を続けて走り、

先月(9月)にはTAHOE200マイル(323km)レースを完走し、

レユニオンの前週には500マイル!レースにも出ていたという...(汗)

20141030015.jpg




そんなタケイシさんにシラオスで再会し(待ってもらって)、その後のレースを共にさせて頂きました。

巧みなレースペースと、高いコミニュケーション力で、素晴らしいレース展開でした。

本当にレースを楽しんいます。

一緒に走るランナーとすぐに友達になったり、

地元のエイドの方々を笑わせたりと、みんなを楽しませてくれます。

20141030009.jpg




巧みなレース運びはとても勉強になりましたし、多くのことを教えて頂きました。

この場にて改めてお礼申し上げます。

20141030013.jpg

ありがとうございました。



それにしても、

レース前もレース後もたくさん呑みましたねー(笑)

20141030011.jpg

また呑みに行きましょう!

20141030010.jpg





ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


レユニオンとみんなにありがとう。


レユニオン完走しました。





強い雨と風に身体も気持ちも冷やされた場面もたったけど、進み続けてよかったです。

Maido(121km)から見たレユニオン島の眺めはとても素晴らしいものでした。













写真もたくさん撮りましたが、ファインダーには収めきれませんでした。

ヨーロッパアルプスとは違う景色。

今までに見たこともない景色。

ファインダーには収まりきらない、圧倒的な迫力と存在感。

島全体が世界遺産となってる。

美しく、そして厳しいコースでした。










また改めて整理しますが、レユニオンを走れてよかったです。

レユニオンに来れてよかったです。

きっとまた来ると思います。

この島を感じに、

この島の人たちに会いに。


レユニオンとみんなにありがとう。




GO TOP