チャレンジ富士五湖112km 長い旅が終わった。


濃い霧の立ち込める富士の裾野。

午前4時半。

201204260001.jpg



あたりは真っ暗なのに、

ここだけは、異様な熱気に包まれていた。

チャレンジ富士五湖112kmのスタート時間。

20120426002.jpg

スターターは、はるな愛。

彼女もこのウェルネスで走ったひとり。

ウルトラを走った同士だ。

そして、スタート!

20120426003.jpg



暗闇から次第に明るくなり、

忍野からはくっきりとその姿を見ることができた。

富士山。

20120426004.jpg


自宅からも天気の良い日には見ることができる。

ただ、

このチャレンジ富士五湖で見る富士山は、別物。

神々しい。

こらから、長い旅が始まる。



チャレンジ富士五湖は、その名の通り、

富士山を囲む、五つの湖をまわるマラソン。

距離:112km

制限時間:14時間30分



日の出前の4時半にスタートして、

日没後の19時までに戻ってこなくてはならない、

とても過酷なレース。



今回の目標は、時間内の完走。

できれば、14時間以内の完走が目標。


最初にまわる、山中湖。

20120426007.jpg

まだまだ元気!



続いて、河口湖。

20120426005.jpg

ここまでで、既に42km。

フルマラソンの距離だ。



河口湖から山を越えて、西湖。

20120426006.jpg



そして、精進湖

20120426011.jpg



五つ目の本栖湖は、70km地点。

この本栖湖をぐるっとまわって、スタート地点まで帰るのだ。

ただ、ここから雨が降ってきた。

雨具を着込んで走り出す。

あと、残り42km。

さぁ、ここからフルマラソン1本分だ!



冷たい雨の中を淡々と走る。

まわりのみんなも淡々と走っている。

疲れて、歩いている人もいる。

それでも、一歩づつ、確実にゴールに近づいている。


エイドのスタッフも、雨のなか一生懸命に応援してくれている。

本当にありがたい。

私設エイドもたくさん来てくれている。

本栖湖の奥で、暖かい紅茶を出してくれたお兄さん、ありがとう。

生き返った気がした。


いちご、温泉まんじゅう、みそ汁、おにぎり、うどん。

みんな、みんな、ありがとう。

全てがチカラになった!




ラストの坂を上っていると、歓声が聞こえてくる。

ゴールでの歓声だ。

もう、この先は歩いてもゴールできる。

まわりのみんなも歩いている。


え...?

オレ、走れないのか?

いや、走れる。

そうだ、走ろう!

みんなが待っている!

20120426008.jpg



脚が痛い。

腰も痛い。

肩も痛い。

息もあがっている。

でも、あとちょっとだ。


ここまで、110kmも走って来たんだ。

あと2km走るなんて訳ない!

走れ!

走れ!

走れ!




午後6時22分。

帰ってきた。

20120426009.jpg


所要時間、13時間52分46秒。

20120426010.jpg


チャレンジ富士五湖112km、長い旅が終わった。



もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!



スポンサーサイト

チャレンジ富士五湖 8連覇達成!


チャレンジ富士五湖のリザルトが発表されました。
http://www.r-wellness.com/fuji100/result-2012fuji5.html


私は、13時間52分46秒で、男子112kmの部:284位でした。

男子112kmの出走は683名、完走率は、64.3%だったようです。



まぁ全体の順位よりも、昨年のタイムから大幅に更新できたのが、素直にうれしいです。

この112kmを完走できたのが、ホントにうれしいです。

20120424001.jpg




そして、うれしいことがもうひとつ。

我が走友会のウルトラのエース、

神宮さんが、大会8連覇を達成したことです!

112kmを、8時間17分00秒で走りきって、ぶっちぎりの優勝!!

201204240002.jpg


ホントにすごいです!

完走するだけでも大変なことなのに、

優勝なんて考えられない!

しかも、8年間も連続で達成するなんて!?



私の知っているスポーツの世界で、

新しい人が続々と入ってくるこの世界で、

しかも、仕事をしている市民ランナーとして、

これだけの長い間、頂点で君臨している人を他に知りません。



まぁ、見かけはとてもスポーツをやっている人には見えませんが(笑)

もちろん、ランナーには間違っても見えません(爆)


バンダナがトレードマークなのですが、

それがかえってハチマキに見えて、工事現場のおっさんのようです(汗)
(神宮さんゴメンなさい)

それにしても、すごい!

ホントにすごい!



復路を走る神宮さんとすれ違ったのは、60km手前の上り坂。

先導する時計車が来たな、と思ったら、

ものすごいスピードで神宮さんが走ってきました。

私は、大きく両手を振って、声援。

「神宮さん、ファイトー!」


小さく頷きながら、駆け抜けていきました。

112kmを、8時間17分とすると、単純にキロ4分26秒。

フルでいうと、3時間7分のペース。

それで、フルを3本弱走る...。

ありえませんね(汗)



実際、その表情は苦しそうでした。

ラクしてそのスピードは出ません。

112kmも走れません。


ただ、前だけを見て、

先を走る自分自身を追いかけているようでした。




僕も来年、

今の自分を越えられるように頑張りたい。

先を走る自分をつかまえたい。


当分は走りたくないけど...(笑)




もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


チャレンジ富士五湖112km完走しました!


チャレンジ富士五湖112km!

完走しましたー!

20120423001.jpg

タイムは時計読みで13時間53分!

完走できて、ホントに良かったー!



昨年、初めて走った富士五湖100kmは、制限時間の9分前という本当にギリギリの完走でした。

制限時間の14時間に対して、13時間51分でした(笑)



あれ?

というと、去年とほぼ同じ時間に帰ってきたの?

というと、そうではないですね。

112kmは100kmより30分早い、04:30スタート。

制限時間は14時間30分です。



はい。

12km増えた距離に対して、増えた時間は30分のみ(汗)

70km走った後にぐるっと回る本栖湖12km。

とても30分では走れません(笑)


これは...(大汗)

去年より、少なくとも1時間はタイム短縮しないと、完走はムリ...(爆)


建てた作戦は、「序盤から突っ込む!」

おいおい...(汗)


お蔭様で、河口湖大橋を渡ったところ(42km)で脚は売り切れました(笑)

そして、本栖湖(70km)までは我慢比べ...。

粘って粘って、去年より1時間半、早く着くことが出来ました。



そして、ここから雨が落ちてきました...。

閑散とした雨の本栖湖の12kmは長かったです...。

脚も全く進みません。

集中力もだだ切れ...。



ヤバなぁ、と思っていたら、

本栖湖出口で、和歌山から100kmに参戦のお姉ぇさま御二方と再会!

お二人の笑顔で、ナント脚が復活!!


西湖までの坂道を全て走りきることができました!

これは自分でもスゲー!!

ありがとうございます!



お蔭様で復路の30kmでも去年のタイムを30分短縮できて、

去年の100kmと同じ所要時間で112kmを走り切ることができました!!


全ては応援して頂いたみなさんのお蔭です。

本当にありがとうございました。


チャレンジ富士五湖112km やったぜ!


もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!

写真で巡るチャレンジ富士五湖!


2年前の昨日、ジョギングシューズを初めて購入して...、

2年前の今日、初めて走った。



若い頃から運動に縁がなく、デブで過ごしてきた僕が、ジョギングを2年間も続けられるなんて...。

そして、100kmのウルトラマラソンに挑戦するなんて...。




という訳で、オールスポーツさんから先日のチャレンジ富士五湖の写真がアップされましたので、購入に先行して少々お借りします。

購入予定です(笑)






夜明け前、チャレンジャーを待ち受けるスタートゲート。

20110507017



震災復興への願い。

20110507018



準備を進めるエイドボランティアの方々。

20110507019




そして午前5時、スタート!

20110507023



忍野を抜け、山中湖へ。

20110507001

最初に回る湖。



ここは、河口湖大橋。

20110507004

ちょうどフルマラソンの距離(42km)。

まだまだ元気です!



こちらは、西湖。

20110507008

60km手前。

まだまだ元気です!



西湖と桜と富士。

20110507020



本栖湖70km地点。

20110507グー

のんちゃん撮影。

ここでも元気いっぱい!



先導車。

20110507021



チャレンジャーを待ち受けるゴールゲート。

20110507022












そして、夕闇があたりを包む頃、100kmの旅が終わった。

20110507011

帰ってきました。

100kmウルトラマラソン初完走です。



ゴールシーン3連発!

20110507012

20110507016

20110507015

うぉーーーーー!

最後まで走り抜いたぞーーーー!

負けなかったぞーーーーーーー!!


やったぞーーー!!!






いゃー、流石はオールスポーツさん、いい仕事しています!

こりゃあ、全部の写真を買うようだな(笑)





もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!



チャレンジ富士五湖 完走記(後編)


富士五湖のうち、最後に巡るのが、本栖湖。

第3関門



本栖湖の県営駐車場が第3関門であり、100kmクラスの折り返し地点でもあります。

距離にして69.8km。

着替えや補給食を預けられるレストエイドです。

20110430037


ここの関門時刻は、14:30。

約70kmを9時間半以内で通過しなければならない設定です。



で、

今の時刻は、14:10。

ありゃま...。

あまり余裕がないですね。

いや、ここまで余裕をこきすぎましたか(汗)



まぁ、残りの30kmを4時間半で走れれば大丈夫です。

完走できます!



ここまで、70kmをも走ってきたのですから、確かに身体は疲れています。

それでも大きな痛みもなく、何とか来れました。

Patioののんちゃんとも、ようやくここで会えました。

ご家族総出で彼氏さんの応援です(笑)



で、

預けた荷物をスタッフさんから受け取り、補給食(カーボショット)を詰め替えようと、地面に腰を降ろしたら...、

ピキッ!?

左のハムに嫌な痛みが...(汗)



ヤバっ、

不用意に座りすぎたか?



ただ、肝心の関門はエイドを出た後にありますので、まだ関門通過をしていません(汗)

急いで詰め替えて、荷物をゴール行きのトラックに投げ込み、エイドを出てようやく関門通過。

14:20。

ギリセーフです(汗)





富士五湖のそれぞれの湖は山に囲まれていますから、それを巡るためには毎回峠越えをしなければなりません。

これがかなり堪えます。


コース上での累計標高差は1,300m以上。



ここからまた坂を登って、精進湖に向かいますが、これがハンパなく長い!

周りには歩いている人も大勢ます。


「ここで歩いちゃったらヤバイんじゃないの?」



登りだし、ハムにも嫌な痛みがあるので、走っているといっても遅いです。

前を歩いている人との差も、ちょっとづつしか縮まりません(汗)

それでも、一度でも歩いちゃうと、登りだけでなく平地でも歩いちゃうんじゃないかと心配になります。

そうなったら、間に合いません。


「歩いたら間に合わない!」



スピードは走っていても、早歩きでも、違いは無いぐらい?

しかし、その行為と気持ちは全く違うと思います。


「歩いたら間に合わない!」



遅くても踵は付けない!

遅くても気持ちだけは走ろう!

ハムを騙し騙しで走ります!


「歩いたら絶対に間に合わない!」



自分にそう言い聞かせて走ってきました。

ですから、70km以降は写真がありません。

撮影に使う10秒足らずの時間が惜しくて、写真は撮りませんでした。



次の難所は、西湖から河口湖に向かう峠。

登りもキツければ、降りもキツい!

富士五湖のなかでは、河口湖の標高が最も低いのです。

そこまで一気に降ります。

疲れた脚には降りがかなり堪えます(汗)



河口湖の南側。

一昨年の秋、初フルを走ったコースです。

陽は傾き、風も冷たくなってきました。

そして、90km地点のエイド。

時刻は、17:30。

残り10kmで90分です。

間に合うか?



コース最低地点の河口湖から最高地点のゴール手前まで、標高差220mを登らなくてはなりません。

あの富士登山競走のロード10kmのイメージです。


「歩いたら絶対に間に合わない!」


遅くてもいいから走り続けよう!



国道を抜け、ラストの第5関門。

95km地点を通過!

この先が激登り!

みんな歩いちゃってます?

大丈夫なの?


いや、

「歩いたら間に合わない!」


遅くてもいいから走り続けよう!



あたりは夕闇に包まれようとしています。

ゴールはまだか?

最高地点はまだか?

時間だけが勝手に進んでいるようです。



「後は降りだけだ!」

誰かの声がしました。

最高地点に着いたようです。

走り出す人もいれば、歩き続ける人もいます。

私も走りましたが、何人かに抜かされます。

順位は関係ありません。



ウルトラは弱い自分への挑戦でした。

「もう十分だよ」

「よく頑張ったよ」

「歩いたって間に合うよ」


そんな弱い自分への挑戦でした。



富士北麓公園が見えてきました。

次々とゴールするランナーを称える放送が聞こえてきます。

公園内に入ると、


「おかえりなさーーい!」

「お疲れさまーー!」


沢山の拍手に迎えられました。



「ドタバタさん!」

keisukeさんが私を見つけて、ハイタッチで迎えてくれました。

トラックに入り、最後のストレート。

私は両腕でガッツポーズをしながらゴールテープを切りました。

チャレンジ富士五湖100kmを完走することができました。



タイム:13時間51分03秒


20110430map


20110430ペース


201104305776


201104301603







ありがとうございました。
70km地点でグー

70km地点(第3関門)でのんちゃん撮影。





もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。