FC2ブログ

大山川の沢登りしてきました。



大山川の沢登りしてきました。

丹沢大山は地元の山であり、いつもの練習に通っている山です。

でも、昨日は初めての大山でした。

二重滝からの遡行です。

20181021011.jpg



20181021008.jpg



自宅から大山東尾根を登って二重滝まで。

そこらか遡行しました。

20181021014.jpg



なかなか厳しい登りがあります。

20181021006.jpg


20181021004.jpg



僕も何とか頑張りましたが、

20181021013.jpg



ヤンガーのムーブには敵いません(汗)

20181021005.jpg




20181021007.jpg






ここはなかなか手強かったです(汗)

20181021015.jpg



20181021003.jpg



20181021001.jpg



20181022001.jpg



20181021002.jpg



何とか全てクリアできました。

ご一緒頂きました皆さん、ありがとうございました。

20181021010.jpg


沢登り、なかなか面白いですね。

また遊んでください。





スポンサーサイト

UTMR完走しました


UTMR2018完走しました。

ウルトラツアーモンテローザ170kmです。
IMG_3584.jpeg


スイスの名峰モンテ・ローザをぐるっと一周する170kmのトレイルランニングレースです。
UTMR_MAP2.jpg


スタートはグレヘン(Grachen)という標高1620mの村です。

ツェルマット(Zermatt)から電車で4駅戻ったニクラウス(St.Niklaus)からバスで30分登ったところになります。



UTMRには3つのカテゴリーがあります。

・制限時間60時間で170kmを走るウルトラツアー(ULTRA TOUR)

・4日間で170kmを走るステージレース(4-STAGES)

・そして100kmのウルトラ3パス(ULTRA 3 PASSES)

僕はウルトラツアー170kmを走りました。



チェックポイントは全部で14ヶ所。

そのうち4ヶ所にドロップバックを預けることができます。

ドロップバック数が多いのは訳があり、チェックポイントはあくまでチェックポイントであり、エイドステーションではないということです。

もちろん、水やコーラはありますが、補給食は十分とは言えません。

各自で必要なものをドロップバックに預けておく必要があります。

参考までに2018年の各チェックポイントでのメニューです。
menu.jpg

すべてのCPにあるのは水、コーラ、紅茶のみです。

バナナやチョコがあるCPも限られています。

パスタがあるのはアラーニャとマクガーニャのみです。ピザはどこにもありません(笑)




ドロップバックは十分な大きさ(40cmX45cm)があり、色別に分かれていて、次のCPに預けることができます。

・CP3 Zermatt - 37km
・CP7 Gressoney - 80km
・CP9 Alagna - 100km
・CP11 Macugnaga - 125.5km



また、必携装備品も防寒具において十分な装備が求められています。

実際にテオデゥル峠(Theodul pass)では吹雪かれましたし、

モンテ・モロ峠(Monte Moro pass)では寒さに震えました。

指定されている必携装備品は以下のとおりです。

1.Mobile phone
--->iPhone SE
2.Flly functional head torch with replacement batteries
--->GENTOS HW-000X, LED LENSER SEO7R
3.Bottles or bladders with capcity to carry 1.5 litres
--->SALOMON SOFTFLASK 500ml x3
4.Emergency food rations in a sealed ziplock bag (400Kcalories)
--->ASAHI Ippon Manzoku Bar x4
5.Emergency bivvy bag
--->SOL Emergency bivvy
6.Whistle
--->GREGORY RUFOUS12付属
7.Elastic bandage/strapping
--->DENIM BANDAGE 74mmx1m
8.Drinking cup (cups will not be provided at refreshment points)
--->WILDO Fold a Cup
9.Waterproof jacket with hood
--->THE NORTH FACE Active(UTMF)
10.Waterproof trouses
--->THE NORTH FACE Strike Trail Pant
11.Warm long-sleeved thermal top layer
--->MONT-BELL U.L.Thermalap Parker
12.Long running trousers or trousers that cover over the knee
--->MONT-BELL SUPPORTEC KNEE
13.Warm hat
--->SALOMON Warm hat
14.Gloves
--->FINETRACK EVERBREATH Gloves, SHOWA Temress
15.GPS Tracker
16.Identity papers (required by border control)
17.Back red light or reflector
18.Thermal Windproof layer

受付では全ての装備品を並べてチェックされました。
IMG_3557.jpeg



今年はスタート地点から第1チェックポイント(CP1)であるヨーロッパ小屋(Europahutte)までのルートで崩落があり、下道を行く迂回コースが取られました。

グレヘンから一旦下って下道を行き、ランダ(Randa)から登り返してCP1に戻るルートになります。
s1.jpg


最も長い吊り橋(494m)と言われるチャールズクオネン橋(Charles KuonenHangebrucke)はちゃんと渡りました。
IMG_3564.jpeg

リズムよく歩かないと揺れてコワイです(汗)

CP2のタシュカルプ(Taschalpe)を過ぎるとマッターホルンが見えてきます。
IMG_3570.jpeg


天気予報では今夜から天候は崩れるとのこと。

雨予報なので、標高の高いところでは雪になる見通しです。

天気の良いうちにできるだけ距離を稼ぎたいところです。


CP3 ツェルマット(Zermatt)37km地点は最初のドロップバック地点でもありますが、街中の駐車所の仮設テントになります。

ヌルいお湯をもらってアルファ米(モンベルの3分のやつ)を食べて、そそくさと出発します。


ここからはコース最高点であるテオデゥル峠(Theodul pass)3200mを目指すことになります。
s2.jpg


上を行くロープウェイを横目にガシガシと登っていきます。

マッターホルンを右手に。
IMG_3572.jpeg


モンテローザを左手に進みます。
IMG_3574.jpeg


雲が出てきました。

風も出てきました。



CP4 ガンダク小屋(Gandegghutte)は47km地点、標高2930m。

この先はテオデォル氷河を進んでいきます。

ヒョウが降ってきました...。

シャーベット状の氷河をヒョウが降るなか登っていきます。

ヒョウが雪になり、吹雪になりました...。



コース最高点であるテオデゥル峠(Theodul pass)にはなんと美女2人が私設エイドにて紅茶を用意してくれていました。

こんな吹雪のなか、いつもありがとうございます。m(_ _)m

ビシャビシャの氷河ではシューズも濡れると想定していましたので、ソックスは慎重に選びました。

今回、選んだソックスはインナー・ファクト(inner-fact)の五本指。

ドライ感が高くて乾きも早く耐久性もあります。

トルデジアン(330km)や川の道(520km)で使用したインジンジ(injinji)よりも乾きが早いので良い選択だったと思います。

長いレースでは足裏へのダメージをいかに減らすかがポイントになりますので、ソックス選びは慎重に行っています。

インナー・ファクトは良い選択だったと思います。



テオデォル峠からは下って、下って、グレッソニー(Gressony)へ。

CP7 グレッソニー(80km地点)
s3.jpg



ここもドロップバックポイントになります。

街はずれの体育館のような場所です。

仮眠用のマットレスも置いてあります。

到着したのは0:18。

ドロップバックに預けたカップヌードルとアルファ米を食しまして、少し仮眠することにしました。

グレッソニーでは3時間。CP11 マクニャーガ(Macugnaga)では2時間の仮眠を取ることになりました。
CP.jpg




登りも下りもいいのですが、困るのは単調な林道です。

モンテ・モロ(Monte Moro)からの先のシュタウゼー・マトマルク湖(Stausee Mattmark)の側道は単調でヤラレました。
s4.jpg



その先のCP13 サース・フェー(Saas Fee)までの道も睡魔と単調さでフラフラでした(汗)

CP13 サース・フェーにもマットレスがあり、仮眠可能ではありましたが、ここも仮設テントですので、仮眠には適さない(寒い)と思われます。

僕も早々に出発しました。

サース・フェーを過ぎて夜が明けてきました。

ここからはイタリア・アルプスの朝焼けが素晴らしいです。
IMG_3577.jpeg



そして最後のチェックポイントであるハニガルプ(Hannigalp)に着きました。
IMG_3580.jpeg


ここからゴールのグレヘンまで下り基調で40分です。

楽しかったスイスの旅ももうすぐ終わりです。



UTMRは参加人数も150名と少なく、ほとんどの時間は単独走でした。

基本的にソロが好きな自分としてはとても楽しい旅でした。



夜中の山を一人で登る。

朝焼けに輝くアルプスを一人で楽しむ。

UTMRはとても魅力的な旅でした。

また機会があったら、旅してみたい。

とても素敵な日々でした。
IMG_3546.jpeg



















剱岳の日(H29/9/9)に長次郎谷から登ってきました


剱岳の日(平成29年9月9日)に長次郎谷から登ってきました。

一般ルート(別山尾根)は何度か歩きましたが、長次郎谷は今回が初めて。

なかなかシビレました(笑)

20170913021.jpg


20170913022.jpg






初日は室堂から剱沢キャンプ場へ。

20170913003.jpg

どんよりと曇っていますが、明日からは晴れる予報。

期待しています。




翌日は朝5時から歩き出して剱沢へ。

前日までの雨と今朝方の冷え込みで剱沢の雪渓はカチコチに氷結していました。

一旦雪渓に出たものの、慌てて引き返してアイゼンを付けました。

4ヶ月ぶりのアイゼン歩行です。

ぐんぐん降りて、平蔵谷出合を過ぎて、長次郎谷出合です。

20170913004.jpg




ぐんぐん降りてきたので、ここからガシガシ登らないといけません。

20170913005.jpg





剱沢キャンプ場に常駐している山岳警備隊さんから仕入れた情報によると八ツ峰1-2峰間ルンゼ出合付近の雪渓が細くなり、右岸側の岩上を巻くように言われていましたが、クレパス・シュルンドがかなり大きくなっていて、右岸に渡るのが躊躇されます(汗)

20170913006.jpg



恐る恐るスノーブリッジを渡り、冷や冷やもので越えていきました(滝汗)

20170913007.jpg




振り返るとこんな感じ

20170913009.jpg


あまり怖そうに見えないのがクヤシイ(笑)

でも、シュルンドに落ちたら雪渓の下に流されて、永遠に見つかりそうにない...(汗)

20170913008.jpg





近くに見えて遠い熊の岩。

20170913010.jpg




熊の岩にはテントが2張。人の気配はありません。

20170913011.jpg

奥には源次郎尾根の2峰




ここで大休憩。

20170913012.jpg




この先は左俣から進みます。

20170913013.jpg




クレパスが幾つも続いています。

20170913014.jpg




源次郎尾根

20170913015.jpg




八ツ峰側

20170913016.jpg





この先からは長次郎ノ頭側のシュルンドに降りてガシガシ登ります。

クレパスは幾つもありますが深くはなく、シュルンドも開けていますので、そのまま長次郎のコルまで危険はありません。

ここまで誰とも会うことはありませんした。

これより北方稜線です。

20170913017.jpg




踏み跡もあり慎重に進めばさほど危険はありません。

剱岳山頂が見えました。

20170913018.jpg




沢山の登山者で賑わっています。

20170913019.jpg





少しだけ優越感に浸りながら、山頂に迎えてもらいました。

20170913020.jpg




今日はとてもいい天気に恵まれました。

20170913023.jpg




北アルプス 大キレットに行ってきました。


何時だろう。

そう思ってスマホで確認すると早朝 4:00。

さすがに冷えるな。

ヘッデンを点けて、サーモスからお湯を飲む。

夕べ入れておいたお湯がまだ十分に温かい。

すごいな。と感心する。

枕元に置いた水は凍っているというのに(笑)



今夜は月が大きくて明るい。

こんなに大きな月を見るのは初めてだ。

それほどに月が明るい。



となりのテントはまだ起きていないようだ。

でも、トイレに行きたいのでゴソゴソと起きだす。



ここは北アルプス 南岳小屋のテント場。

昨日、新穂高温泉にクルマを止めて、槍ヶ岳を経由して

中岳-南岳を越えてやってきた。



水曜日の天気予報で土日がいい天気になると知ったので、

年内最後のチャンスだと思って、北アルプスにやってきた。



今回のメインは大キレット。

難関と言われている区間。

もちろん、初めて。


正直に言うと、まだ迷っている。

俺なんかが行けるのだろうか?

テント泊装備なので荷物も重い。

大丈夫だろうか?



南岳小屋にはテン泊者用の外トイレはないので、

小屋内のトイレを使わせてもらえる。


小屋内では既に出発の準備をしている人たちも多い。

皆、ヘルメットを被っている。

これから大キレットに向かう人たちだ。



そんな人たちを目の当たりにしたら、

さっきまでの不安はどこかに行ってしまった。

俺も急いで準備をしないと(笑)



現金なものである。

ひとりで居るとあれこれ考えて不安になるが、

同じ目的を持った人がいるだけで安心になる。

名前も知らず、言葉も交わした訳でもないのに、

何故か仲間意識が芽生えている。

面白いものだ(笑)


今回のルート。

20161022003.jpg

20161022022.jpg




初日は新穂高温泉-槍ヶ岳-南岳小屋(テン泊)

20161022001.jpg
21.4km 2,492mD+



槍ヶ岳はやっぱりかっこいいですね。

20161022010.jpg



山頂の祠。

20161022011.jpg



山頂から覗く槍ヶ岳山荘。

20161022012.jpg






中岳から振り返ってみる槍ヶ岳。

20161022013.jpg




南岳から眼下の南岳小屋。

20161022014.jpg




テント場は空いていました。

20161022015.jpg



夕暮れのテント場とビール。

20161022018.jpg







2日目は南岳小屋-大キレット-北穂高岳-穂高岳山荘-白出沢-新穂高温泉(下山)

20161022002.jpg
18.6km 1,027mD+



南岳小屋の夜明け。

20161022016.jpg



いきなりの大キレット(汗)

20161022021.jpg




更に続くクサリ場。

20161022008.jpg




高度感あります(汗)

20161022007.jpg




何とか大キレットを越えて北穂高岳小屋へ。

槍ヶ岳方面。

20161022019.jpg



涸沢小屋方面。

20161022020.jpg




この先の涸沢もシビレましたね(笑)

眼下に穂高岳山荘。

20161022017.jpg

その奥にあるのが奥穂高岳です。



穂高岳山荘から白出沢出合までの下りも厳しかったですね(汗)

ガレガレの岩場でガラガラ。

まぁ怪我もなく無事に下山できましたので、よかったです。

刺激的ないい週末が過ごせました(笑)

20161022009.jpg




ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!



北岳の朝はとても素晴らしいものでした。


この週末は南アルプスを歩いてきました。

前回と同様に夜叉神峠にクルマを置いて鳳凰三山と北岳を歩いてきました。

20160802001.jpg



鳳凰三山は急登もなくゆっくり森のなかを歩けるのでいいですね。

この雰囲気がお気に入りです。

20160802002.jpg





高峰から広河原まで下りた後、北岳の中腹にある白根御池にてテント泊。

20160802003.jpg





お昼からビールを飲んでお昼寝。

天気も暑いぐらいに良くて、とてもいい休日になりました。

20160802004.jpg



20160802005.jpg



20160802006.jpg






翌日は早起きをして北岳山頂を目指します。

雲一つない満天の星空に囲まれながら、のんびりと歩きます。

うっすらと東の方がオレンジ色に染まってきます。

20160802007.jpg


昨日歩いた鳳凰三山の向うかたゆっくりと朝日が顔を出しました。




南には雲海に浮かぶ富士山。

20160802008.jpg





360°の素晴らしいパノラマを楽しめました。

20160802009.jpg




20160802010.jpg








下山は八本歯のコルからボーコン沢ノ頭経由でアルキ沢へ。

20160802011.jpg




東側から見る北岳もまたヨシ(笑)

20160802012.jpg





アルキ沢からは鷲ノ住山を越えて夜叉神まで。

ルートがつながって満足です(笑)




ブログランキングに参加しています。
もし、よろしかったら、ポチっとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


がんばろう東北!がんばろう日本!


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。